どんな新築住宅が望ましいかは、居住希望者のニーズ次第

丘の上に建つ家

2種類の新築物件と地域に関する特徴

家

新築住宅には、2種類のタイプがあります。まず集合タイプの住宅です。いわゆるマンションなどは、間違いなくそのタイプに該当します。それともう1種類は、一戸建てのタイプです。
ところでそれらの新築住宅の2つの物件には、いくつか立地に関する違いがあるのです。結論から言えば、便利なエリアに居住したいと思うなら、新築住宅のマンションにするのが望ましいでしょう。逆にある程度閑静な地域が望ましいと思うなら、一戸建てがベタな傾向があります。そもそも集合タイプの住宅の場合は、全般的には利便性が高いエリアに立地している傾向があります。ですので都心部の中央付近や、ある程度路線数が多い駅の近くなどで、その物件が多く見られるのですね。したがって買い物や通勤などのメリットが大きいです。それに対して一戸建ての新築の場合は、都心からやや離れたエリアに立地する傾向があります。駅からも少し離れた地域に立地していますが、総じて住宅街などに見られる事が多いですね。
人によっては住宅に対して、静けさを求める事もあるでしょう。その場合は、一戸建てタイプの物件がベターと言えるでしょう。このように物件の種類により、立地地域の特徴なども異なる訳ですね。どちらの新築住宅が望ましいかは、やはり居住希望者のニーズ次第と言えるでしょう。

念願のマイホーム

念願のマイホーム、我が家は新潟市で新築で注文住宅を購入しました。新潟市で新築住宅を購入するにあたっては、まず初めに、建売か注文かでだいぶ悩みました。建売の安価なところや、注文の設計の自由度、どちらも長所がそれぞれあるため、主人と二人で数多くの物件や、不動産会社を廻り検討を重ねました。結果的には、我が家の場合、主人も私も家で過ごす時間が長く、自分達の生活に家の占める割合が高いということから、注文住宅でこだわりの家を作ることにしました。
特にこだわったのが、主人の趣味(バイク、車など)をするためのガレージを付けることと、私の趣味(パンやお菓子作り)をするための広いキッチン、子どものことを考えた可変式の2回などです。設計段階から、自分達の希望を多く伝えることができたので、これらこだわりが反映されたことはもちろんのこと、「一緒に初めから家づくりに参画した」という満足感も大きな財産になっています。
このように、念願のマイホームを新築住宅、それも自分たちのこだわりが詰まった新築住宅で手に入れることができた我が家。本当に毎日、我が家で過ごすことが楽しく、充実した日々を送ることができています。新築住宅を購入して良かったと改めて思っています。

新築住宅は、魅力的です

9年前に新潟市で新築住宅を建てました。それまで、アパートに住んでいたので、家賃がもったいないと思い、を新築住宅を建てることにしました。新築で住宅を建てるのは、自分で間取りや、外壁の種類を選ぶことができて、自分好みの家を建てることが、最大の魅力だとおもいます。家を買うのは、きっと一生に1度なので、納得のいく家づくりをしたかったです。ハウスメーカーさんと、何度も打ち合わせして、間取りを決めました。
壁紙や、床や、外壁は、数種類の中から好きなものを選べました。それも楽しかったです。いろいろ自分好みにできるから、本当に新築住宅は、素敵です。
間取り図や全体図など、パソコンで出してもらい、イメージもしやすかったです。ただ、予想以上にお金がかかりました。住宅ローンになるけど、家賃とちがい自分のものになるので、多少高いですが、購入しました。出来上がってみて、やっぱり新築住宅って素敵っておもい感動しました。新しい床の匂いやピカピカのお風呂にトイレ。とても贅沢でした。ずっとこの家を大事にしよう。と決心しました。毎月の住宅ローンは大変だけど、本当に新築住宅を建ててよかったです。
できれば、もっと早く建てて、早くローンを返したかったです。アパートで家賃を払っていたのがもったいなかったです。

新築を建てるなら注文住宅

新築住宅が欲しいと思ったら、まずは新築一戸建てでも、建売か注文住宅かと選ばなくてはなりません。なかでも注文住宅とはどのようなものなのでしょうか。 まず、建売住宅の多くが土地と建物をセットで販売していることが多いのに対して、注文住宅では土地がセットではないので土地を持っていない場合は、土地を探すことから始めなければなりません。この土地を探すという作業は大変ですが、土地探しで失敗をしてしまったなんてことがないよう、しっかりと周辺環境がどうなのか、ご近所さんなどはどんな人が多いのかという周辺環境にもこだわって探すと良いでしょう。 また、土地が見つかって新築住宅を建てる場合には、購入者の意向を細かくくみ取りながら進められていきます。間取りはもちろん、内装や建築資材についてもある程度は選ぶことが出来る、まさにオーダーメイドの新築住宅です。そしてこだわる部分には予算をかけ、それ以外には予算を削るなどのことができるのは注文住宅ならではのメリットです。 このように注文住宅は、土地から細部まで購入者の決定で進めていきますので時間はかかってしまいますが、理想の家に住むその日まで家作りを楽しむことが出来ます。

contents

一生に一度の真剣な買い物

男として生まれたからには自分の持ち家は欲しいですね。更に中古住宅よりも、新築住宅に魅力を感じるのは当然だと感じます。自由設計やお父さん専用の部屋…

»readmore

私が新築住宅を購入する際に気をつけたこと

私は昨年、郊外に4LDKの新築建売住宅を、35年ローンで購入しました。家を購入するなら、新築住宅でと前々から考えていたので、念願叶った形になりま…

»readmore

セキュリティに関する特長がある新築住宅

人々が住宅物件を探す時には、防犯性を重視するケースがあります。女性の方々などは、不法侵入などが心配なのでセキュリティ性を求めているケースもありま…

»readmore

新築住宅:構造と様式の知識に関して

新築住宅を建てる時では、必ず「木造」・「RC」・「鉄骨」なのかを、予め頭の中へと、はっきりと想像しておくと良いでしょう。以降では建造物の構造や様…

»readmore